仕事内容や必要なスキルを解説

IT業界の技術職にはいくつかの職種があるが、その1つがシステムエンジニアであり、業界内ではSEという略称が定着している。
SEの仕事は、プロジェクト全体、またはチームの管理や監督だ。
開発しようとしているシステムがどのようなものなのか、その全体像を決めることも仕事の初期段階としてある。
全体像が明確になったら、具体的な開発作業をメンバーに指示し、完成前のテスト運用をふまえて納品するまでが仕事の区切りだ。
現場によっては、完成後の運用や保守を担当するが、運用が始まれば別のSEに交代する例も珍しくない。
プロジェクトについては、自社で企画から運用まで行ったり、外部からの依頼を受けて開発のみ、もしくは運用と保守のみを行ったりとそれぞれだ。
プロジェクトの全体像を決定して指示を出す立場のため、SEはプログラミング技術にも精通していなくてはいけない。
企画をどのように具体化するか判断するには、プログラミング言語や通信技術などの知識が欠かせないからだ。
しかし、SEにとってIT系の知識と同等に必要になるのが、クライアントの要望を聞き取るスキルだ。
どのようなシステムを開発したいのか詳しく理解しなければ、技術的に可能なのかどうかも判断できないだろう。
聞き取りの対象は勤務先の上司かもしれないし、外部のクライアントかもしれない。
相手はIT系の知識にとぼしい場合もあるため、相手の要望をうまく推定してSEから提案することが望ましい。
そのため、SEにはプログラミング技術に精通すると同時に、コンサルタント的なスキルも求められる。