SEの仕事は、システム開発におけるクライアントの要望を聞いて分析し、それを取り入れた開発を行うことだ。
その間の予算や人員、進捗の管理も、基本的にはSEの仕事として含まれる。
どんな職種でも職場環境は大切であり、その点はSEにとっても変わらないだろう。
クライアントの希望を聞き入れることは大切だが、上司がいつまでもクライアントの要望に振り回されていてはいけない。
ほとんど開発が終わっていても、何度も仕様が変更されることで仕事量が増え、万が一SEの人数に対して仕事量が増えれば仕事は過酷になる。
このような場合には、思い切って人事部に相談してみるといいだろう。
問題が提起されたことで、実は上司も同様の状況だったことがわかるかもしれない。
見て見ぬ振りをしていた上司も問題解決に動かざるを得なくなり、職場の環境が改善された例もある。
基本的にSEの仕事は、男女ともに実力で判断される世界だ。
しかし、現場によっては、いまだに女性であることがネックになる場合がある。
女性の人生には、結婚や出産、子育てなどのイベントが控えているからだ。
コンプライアンスがあるため、あからさまなものではないが、割り振る仕事で区別して雑用を女性SEに任せていることもある。
子供が熱を出したなど問題が起こる度に上司に相談する手もあるが、キャリアプランの見直しを迫られることも珍しくない。
そこで、女性SEが転職を考えるなら、女性SEが多く働く職場を選ぶといい。
理解ある女性の上司がいれば、子供のために仕事を抜けたり、両立したりするストレスが減り、長く同じ職場で働けるだろう。